Meine Meinung Blog

meinung.exblog.jp ブログトップ

J.S.Bach

昨日のライブ、お越しいただいた皆様、ありがとうございました。
皆さんにお会いできて、アジア料理も食べれて、ライブ出来てとても嬉しく思います。
また、GWにも同場所でフリーライブがあるそうなので、良かったら是非お越しくださいませ。
ありがとうございました。


さてバッハ、皆さんも一度は聞いたことがある作曲家だと思います。小学校の音楽の授業で習ったりもしますよね。
ただ、あの義務教育の頃の僕は「何年に生まれた」とか「バロックの対位法による作風」とか、文章ばかりが目の前にあって、良さとか感動が全く理解出来ませんでした。
自分から興味を持って、沢山聴かないとなかなか難しいですよね。。

最近、クラシック音楽に癒されることが多い昨今ですが、バッハは特に好きです。
まずAirやブランデンブルグ協奏曲第3番とか有名どころを聴いてみました。

いい曲~!
ドイツにいけます!?(なんだよそりゃ)
とにかく、非日常なんですよね。身近で親近感とかそういった音楽の印象はありませんでしたが、逆にそれが非日常。
妄想族で、現実逃避が大好きな僕にはもってこいでした。

教会音楽として作られているものも多いですが、宗教の事をあまりよく知らなくても、なんとも神秘的な癒しにつつまれます。
主に対位法(メロディにメロディであてる和声理論の作曲の仕方)という方法で書かれた、この曲の味は僕にはむしろ最先端の新鮮な音楽にすら感じられます。
この時代にすでに通奏低音やアドリブ要素などが演奏には存在していました。以降の時代に比べると割とテンポが一定で演奏されることが多い点も、現代のポップスを聴いてる人に馴染みやすいのかもしれません。


バッハについての文字の情報は、とりあえずwikiでどぞ。
バッハのwiki


バッハは作品を沢山出してます。BWV(Bach Werke Verzeichnis )と略されて作品が番号でふられています。
楽章構成の無い手軽なもの?から、楽章構成のある大曲まで様々です。

バロック時代は、ヴァイオリンやチェロといった楽器の原型である楽器が登場します(ヴィオラ・デ・ガンバ等)
弓の持ち方なども特殊だったり、色々と今の時代とは違う点も楽しめるポイントかなぁと思います。

今度、趣味でブランデンブルグ協奏曲第4番の練習でもしてみようかと思います♪


Hiroyuki

Top 携帯Top


[PR]
by meinemeinung | 2010-04-19 10:50 | Weblog
line

マイマイ活動報告!?


by meinemeinung
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30