Meine Meinung Blog

meinung.exblog.jp ブログトップ

でぃでぃえ ろっくうっど

ブログってふと何かあった時に、これ書こう!って思うんですが、いざ書くときには忘れちゃってたりしますよねー。メモすりゃいいんだろうけど、なかなか(汗)

さて、コメントでマサヒロさんがJazzやブルースを紹介して下さいとリクエストして下さってたので、jazz紹介します♪
とはいっても、どうしよう。。とりあえず、主観のイメージで♪

ジャズって、自由にセッションできる楽しさがありますね。
楽曲形式がセッション向きなんですね。A(メロ)BAAとかABCAとか。。コード譜などをもとに演奏していく感じ?だと思います。

楽器する人にとってのカラオケ的存在のセッションバーでも良く演奏されると思います。
セッションバーのセッションでは、初心者の方もいますし誰でも楽しめるように、調感のはっきりした、いわゆる「一発」と言われる転調の少ない曲が多いそうです。主観ですが、「ジャイアント・ステップ」とか選ぶと演奏が大変だと思います(w)難しすぎますww

個人的に"曲"として好きな曲も色々あるのですが、それはまた今度ひょっとしたら話題にあがるかも?として、、、ジャズヴァイオリニストのDidier Lockwoodさんです。


ソロ部の最初(1分30秒あたりから)など、随所でやる、とても高い倍音中心の音は、ヴァイオリンの人工ハーモにクスです。
人差し指で押さえた音程の位置からの弦の長さを、2/1や3/1等決まった長さ分だけとって、そこに軽く小指を乗せてミュートしてやると出ます。ギターでもやりますよね♪
これ、高いポジションにいけばいくほど距離が微妙に狭くなっていくんですよね。難しい…でもこんな風な表現が出来るって凄いなぁ。。

ここまで、弾けたら自由を超えて "変態(僕的いい意味の主観)" です。
ヴァイオリンのタッチがとても軽いのも特徴的と思いました♪フランスの方です。
ライブ観に行った時は、へヴィーメタル的に歪ませて、刻んでましたwヴァイオリンwwちょwww
ああー、かっこいいなぁ、気持ちいいなぁ。
凄すぎて、もう何がなんだかですが、ヴァイオリンをこれからも自分のペースで楽しみたいと改めて思いました。
しかし、ギターの人も凄いな(涙)
Hiroyuki

Top 携帯Top


[PR]
by meinemeinung | 2010-04-23 07:57 | Weblog
line

マイマイ活動報告!?


by meinemeinung
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30