Meine Meinung Blog

meinung.exblog.jp ブログトップ

TrackBack(僕は言及と関連仲間の中間??)

皆さん、今では多くの方が手軽にはじめることのできるブログですが、TrackBackという機能を使ったことってありますか?

何気なくある記事の右下にあるこのTrackBackという文字…なんか気になってたんですよね。

これは、ウェブログ(ブログ)の機能の一つで、別のウェブログへリンクを張った際に、リンク先の相手に対してリンクを張ったことを通知する仕組みのこと。(IT用語辞典より引用)
だそうです。

通常では、話題が関連している記事を書いたり、ブログの記事に関して何かを感じてそれに関係する記事を書いたりして、リンクを貼ったとしても貼られた側は知るよしも無く、そこからの発展性が限定されてしまうのだと思います。
そこで、リンクさせて頂きましたという告知を相手に出し、またその読者にも伝えることで興味のある人同士で話題を共有出来るという仕組みなのでしょう。

僕もブログをはじめて、とりあえず公開日記的な意味合いでそれ以上でもそれ以下でも無く、当然私達に興味のある人しか見に来るはずもないですし、「知らない人とネット上で話題を共有する」なんて考えたこともありませんでした。

しかし、調べてみると多くの人がネット上で話題を共有したり、コミュニケージョンや話題言及を行っているのです☆時代は進んでいくのですね~♪


このTrackBackという機能…実は色々と問題もあるみたいです。
TrackBackって相手にリンクしたことを通知するシステムと書きましたが、どうやら通知だけじゃなくて、ついでにその記事(通知の送り元)に対してのリンクが自動的に貼られるんです。
つまり、リンクさせることができるんです。

これを利用して、いわゆるスパム…迷惑トラックバック?みたいなことが起きたりもするみたいです。
"リンクしましたよと告知する"システムと言いましたが、実は記事でリンクしてなかったとしても、TrackBack出来てしまうんです(驚)
つまり、相手へのリンクを載せてなくても相手のTrackBackに反映させ、自分のブログを宣伝することが出来るわけですね~。

良くアダルト関連のサイトとかがやったりして嫌われてますね~。あれは嫌われることも自覚してやってるとは思いますが。
コメントでもよくある問題ですね~。

他にも、トラックバックする側が全く悪気が無いケースも多々あるみたいです。
僕もTrackBackをしますが、意外と知らないところで相手に不快感を与えてるかもしれません。。
注意が必要なんですよね。
ただ、どうにもならない価値観の違いとかもありますし、恐れて全然トラックバックの機能を使わなかったら、ブログの大きなメリットやネットのメリットが活用出来ないって事になってしまいます…。

難しいですね~。


この話に関して、とっても面白いなと思う記事を書いてるサイトがありましたので、リンクしておきます。
詳しいトラックバックの説明や、考え方(文化)の違い等について、とても面白くまとめてあるなぁと思いました。
実際、これを読んでかなり"TrackBack"というものが理解出来た気がします。

トラックバックをめぐる4つの文化圏の文化衝突――「言及なしトラックバック」はなぜ問題になるのか

トラックバックに関する考え方や、トラックバックを仕返すトラックバックリング?というものの存在意義等、色々参考になりました。

ここから先は上記のリンクを読んでいただいた方を想定して書いてます。

これを読んで、自分は"言及リンク文化圏"に近いかなと思いました。
でも、あまり難しいことを書いて、"いかにも言及してて意味あります!"って程でなくても、話題が共有出来て関連してればいい様な気もします。
というか、あまりに理論的すぎる言及だけだと自分は結構疲れてしまいますので…。
ただ、相手へのリンクは貼っておくべきだとは思います。だってせっかく記事が関連してるなら相互の方がいいし。。
トラックバックをしあうなんてやり方もあるみたいですが、場合によっては相手がそういうのをいやがるなんてこともあるみたいなので、基本はリンクを貼っておいていいのでは…と思います。

相手がOKなら、全然トラックバックリングでもいいですけどね♪
その辺はトラックバックが多すぎる人の悩みみたいですね~。いちいちトラックバックし返してられないという。。確かに多かったらやらないでしょうね~、普通に考えて大変すぎるだろうしな…。

ということで、自分はこの考えでは"言及リンク文化圏と関連仲間文化圏の間"的な感じだと思います。

ちょっと関連仲間よりかなと思った理由は、いわゆる"言及"という定義が人によって曖昧な気がしたからです。

例えばJazzとJazz理論の話題をしてて、ジャンルの全然違うHeavy Metalで使われてるJazzの理論の記事がトラックバックされてた時。
"音楽"という意味では関連性がありますし、Jazzの理論で言及になってる…?。
でも基本的にはHeavy Metalの内容だし、何か論議してる訳ではない。。

なんていう時の、個人の考え方の差です。

この記事が果たして、上記のブログの記事の言及になってるかどうかも怪しいですし(自分ではしたつもりですが。)、あまり文章をまとめるのもうまい方ではありません。
時々、凄い高度な文章と難しい深ーーーーい話で論争して、トラックバックしてあるのとか見ると、ひいちゃって自分ごときの記事じゃトラックバック出来ない…なんて思ってしまうこともありますしね…。



何はともあれ、この"TrackBack"という機能。。
僕はとても、素敵な機能だと思います☆
使い方や考え方の相違はありますが、活用できたらネットの可能性はどんどん広がるような気がします♪
Hiroyuki


Top[PC] 
Top[Mobile]


[PR]
by meinemeinung | 2008-05-26 01:04 | Weblog
line

マイマイ活動報告!?


by meinemeinung
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31